マッキンゼー現代の経営戦略

マッキンゼー現代の経営戦略
大前研一氏編著による経営戦略の古典的名著、熱烈なるお客様の声にお応えし「復刊」しました!

 成田空港が開港し、ガルブレイズの『不確実性の時代』がベストセラーとなった1978年(昭和53年)夏、軽井沢の万平ホテルで、経営者約40名を招待して開催された会合があった。「トップマネジメント・コンファレンス──新たな構想を築くために」──主催は、東京事務所開設8年目を迎えたマッキンゼー社。「はじめに」で「従来あまり公表したことがなかった内容も含めて出版を決意したものです」「本書でご紹介いたします日本版PPM、PMS、TPM、組織などの考え方が、今日では逆に世界各地のマッキンゼー社各事務所でも広く使われるようになっております」と記しているのは、当時35歳、デビュー作『企業参謀』を3年前に刊行したばかりの大前氏である。
 PMS(製品・市場戦略)、PPM(ポートフォリオ管理)、PIP(収益性改善プログラム)、OVA(間接費削減アプローチ)、SFM(販売力管理)、TPM(技術ポートフォリオ管理)と6章に分けて解説される戦略手法、終章「戦略的組織とは?」で語られる“参謀の役割と資質”──30年の時を経ても一切古びることのない経営戦略の要諦が、読みやすいセミナー形式の文体で書かれている。当時用いられた手描きの図表もそのまま再現。コンサルティング業、経営者に限らず、広く「戦略」に携わるすべての人にとって必読の書である。

※この本は、1979年初版を復刊したものです。

[編著]大前研一  

2009年3月25日発売

目次

序章 新しい企業環境とその戦略的意味

80年代を占う六要素
低成長の四つの背景要因
   (1)政策的な景気刺激
   (2)人口動態の成熟
   (3)基幹市場の成熟
   (4)国際競争力の失墜/新価格体系/構造変化に対応する戦略
景気=投資意欲の減退が問題
経営資源=カネ、ヒト、モノの偏在化
国際=南北問題と生産性格差
雇用=固定費化した人員
技術=選択肢の多様化
英知を集めて新しい事業機会に挑戦
六つの戦略手法の体系

第1章 PMS──製品・市場戦略の効果的立て方、考え方

PMSとは何か
総合診断の道具PMA
   PMAの必要性
   PMAの三要素
   三次元分析
   テーマの分析方法
   PMA実施のポイント
   セグメンテーション
   市場の成熟度
   市場の構造変化
   経済性の検討
   どこでもうけるか
   ユーザーの経済性
   競合状況の分析
   KFSとのギャップ分析
戦略代替案の作成
ロードマップの作成
PMS運用のカギ

第2章 PPM──戦略的経営計画の立案および実施の方法

低成長期に重要な戦略バランス
   二つの尺度で事業を位置づけ
PPMの五つの特徴
   (1)複数の評価尺度
   (2)戦略的立案単位のBU
   (3)五階層の戦略組織
   (4)トップダウンとボトムアップの併用
   (5)目的関数に従って全体バランス
   (6)五大特徴のまとめ
多岐事業の全体像の把握に偉力発揮
PPMの必要条件
単一事業でも応用可能
全社診断により体質転換計画を決定

第3章 PIP──抜本的収益性改善のための系統的アプローチ

トップの参画が最重要な武器
収益性改善プログラムの概要
PIPの五つのフェーズ
   第一フェーズで舞台つくり
   第二フェーズで経済性の分析
   第三フェーズで改善案の考案
   第四フェーズで実行プログラム作成
   第五フェーズで実施
実施上のポイント

第4章 OVA──競争力増加のための間接費削減法

間接コスト低減の重要性
   日本の国際競争力は消滅
   管理しにくい間接業務
OVAの概要
   他の手法との比較
   OVAの五つの基本概念
OVAの実施プロセス
   準備段階
   (1)職務コストの見積り
   (2)低減案の作成
   (3)全社的視点から取捨選択
   (4)実行計画書の作成
OVAの効果と実施上のポイント

第5章  SFM──効率的な販売戦略展開の方法

低成長時代の成功のカギは販売力
販売力計画の概要
五つの基本フェーズ
   (1)販売戦略の策定
   (2)販売資源の効果的再配分
   (3)販売管理プロセスの確立
   (4)間接業務の効率改善
   (5)改善策の実施
あらゆる業種に適用可能

第6章  TPM──技術開発戦略の効率的管理

技術革新の現状と問題点
   ルーレットの法則
   日本企業世界制覇のパターン
既存事業に対するR&D戦略
新製品開発の戦略
   ノイエ・コンビナチオン
   置換の脅威
   戦略的自由度の利用
最適の参入領域を選ぶ
   新規事業の開拓
   ユーザーの経済性分析
   サービス業創出のアイデア
既成概念からの脱却が肝心

終章  戦略的組織とは?

組織問題の戦略的とらえ方
   組織は環境の従属変数
   垂直、水平、上下方向の問題
   多製品、多チャンネルの問題
   組織は戦略の産物
マネジメント・プロセスの進化と組織
   第一段階から第三段階までの組織
   第四段階は五階層組織
   管理機構の"悪魔のサイクル"
   オーガニゼーション・シミュレーション
   非ルーチンのシミュレーション
   多国籍化への対応
   国内の組織問題
参謀組織
   超える権限
   解決能力を備えた組織
   参謀の役割り
   参謀の資質
組織問題の要点

Reviewを投稿する

レビューを投稿してください。この書籍についての感想など、ご自由にお書きください。

お名前
メールアドレス
投稿内容

注意事項:ご記入いただいた名前、内容は後日このホームページ上にて掲載させていただく場合があります。その際、掲載の通知などは行われません。なお必ず掲載されることを保証するものではありません。なお、メールアドレスが掲載されることはありません。