マッキンゼー変革期の体質転換戦略

マッキンゼー変革期の体質転換戦略

「これが日本のコンサルティングの原点だ!」(大前研一)

大前研一氏編著による幻の名著《マッキンゼー 戦略教本シリーズ》
熱烈な「復刊希望」の声に応え、全4点一挙刊行!

ポートフォリオ、フレームワーク、SBU、レバレッジ……すべてはここに書かれていた。
四半世紀の時を越え、「戦略に携わるすべての人」が、いま、読むべき経営書の古典。

 1985年(昭和60年)、円高不況も乗り越え、バブル好況に向かって「日本的経営」が高く評価されていたそのとき、本書は「企業の体質が問題とされる時代となった」という一文から始められた。グローバリゼーションという言葉も、インターネットというインフラも登場していない時代に、外部環境の激変を見抜き、日本企業の本質的な変革、その必要性を促していた。最終章のテーマが、組織づくり・ひとづくりに言及している意味は重い。企業組織をほんとうに変えるのは、気づき、行動できる賢者なのだ。21世紀の今こそ読まれるべき、戦略家必読の「早すぎた警告の書」である。

※この本は、1985年初版を復刊したものです。

[編著]大前研一   [編著]千種忠昭  

2009年4月24日発売

目次

第1章 世界的変化の潮流を読む
    ──5つの革命の現状

成功の鍵(KFS)に生じている変化

  1. 技術革命
  2. 生産革命
  3. 業務革命
  4. 流通革命
  5. 世界化革命

第2章 5つの革命への対応の方向
    ──日本企業が直面する問題点は何か

  1. 変化の不連続性
  2. 変化の同時進行性
  3. 異分野への参入
  4. 変革への対応のニーズ

第3章 変革期の製品開発・導入アプローチ
    ──ライフサイクル短縮化にどう対応するか

  1. 変革要因としての技術の再吟味
  2. 新しい競争のメカニズム
  3. 変化に対応する経営の資質
  4. 対応のための具体的な方法

第4章 流通革新にいかに対応すべきか
    ──暗黒大陸の夜明け

  1. 流通革新はなぜ起こるか
  2. 流通革新に対応するための条件
  3. 事例・ヤマト運輸の宅急便

第5章 変革への対応能力を備えた組織づくり
    ──ゼロベースからの見直しが必要

  1. 強固な変革への意思の確立
  2. 事業基盤の変化の確認
  3. 組織運営体制のゼロベースの見直し
  4. 個人の能力の再開発
  5. 外界とのインターフェースの変革を強調
  6. 機構を補うソフトな仕掛けの重視

Reviewを投稿する

レビューを投稿してください。この書籍についての感想など、ご自由にお書きください。

お名前
メールアドレス
投稿内容

注意事項:ご記入いただいた名前、内容は後日このホームページ上にて掲載させていただく場合があります。その際、掲載の通知などは行われません。なお必ず掲載されることを保証するものではありません。なお、メールアドレスが掲載されることはありません。