大前研一の日本企業生き残り戦略

大前研一の日本企業生き残り戦略
国際化の嵐の中、日本企業は未曽有の困難に直面している。
それは、若干の軌道修正によって事態の好転を待つというような中途半端な姿勢では乗り切ることはできない。守りについた企業に明日はない。
いかにして古い「日本的経営」に決別し、将来への飛躍を期すか。
収益性改善、海外進出、機構改革など、さまざまな面から具体的に〈生き残り〉のための戦略を提言する。
構造的な経営改革を目指す企業人のための事例満載。

1987年2月1日発売

目次

第1部 日本的経営の崩壊
     “アメリカ的経営”の神話
     “日本的経営”の神話
     日米産業比較
     フロックに助けられた日本産業
     国際経営比較の落とし穴
     日米ビジネス本土決戦
     在日外資の成功条件・失敗要因
第2部 メガ失業時代への対応
     失業の連鎖反応
     日本企業のどこに問題があるのか
第3部 新しい飛躍を求めて
     国際化を妨げる思考特性
     変容する成功の条件
     日本企業国際化のビジョン
     ビジネス・システムの多国籍化

Reviewを投稿する

レビューを投稿してください。この書籍についての感想など、ご自由にお書きください。

お名前
メールアドレス
投稿内容

注意事項:ご記入いただいた名前、内容は後日このホームページ上にて掲載させていただく場合があります。その際、掲載の通知などは行われません。なお必ず掲載されることを保証するものではありません。なお、メールアドレスが掲載されることはありません。